プロフィール

ラピス_2

Author:ラピス_2
FC2ブログへようこそ!


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類

 第82回センバツ高校野球大会に出場した開星(島根)の野々村直通監督(58)が25日、松江市内の同校で会見し、監督を辞任することを表明した。同校は22日の向陽に敗れた後「21世紀枠に負けたことは末代までの恥」などと発言したことを問題視。無期限の謹慎処分を科す方針だったが、同監督が一連の騒動を起こした責任を痛感。自ら退くことを決めた。後任監督には同校職員の山内弘和コーチ(34)が昇格する。

 問題発言の代償は大きかった。野々村監督はブラックスーツの前ボタンをきちんと留め、紺地のネクタイを結んで会見場に登場。「辞任を自らお願い申し出ました」と切り出し、頭を下げた。

 当初、学校側では過去の功績などを考慮し、無期限の謹慎処分を下す方針を内定。ところがこの日午前、大多和聡宏校長に呼び出された野々村監督は急転、辞任を申し入れた。

 23日に高野連に謝罪した際に「継続できるなら頑張りたい」と続投に意欲をみせたが、翌日の24日夜に辞意を固めたという。監督は、向陽と21世紀枠を侮辱したことに加え「ふるさとのイメージを高めようと頑張ってきたが、愚かな行為によってマイナスになってしまった」と、島根のイメージを著しく損なったことが身を引く決断につながったと説明した。

 同校には22日の問題発言以後、トータルで1000件近い抗議電話が殺到。「反省が足りないと非難されている」と校長が指摘したように、23日の謝罪会見では「銀ピカスーツ」に黒シャツという独特の“美学”が、妙にクローズアップされてしまった。結果的に批判は増幅。同校を含めた郷土のイメージダウンにつながってしまった。

 一瞬の舌禍によって崩れた監督生活37年間の実績。「時間を戻せないかと思う…」と涙を流したが、思いは教え子たちも一緒だった。辞任を伝えられると部員は号泣。関係者によると「監督がいないなら野球をしたくない」と落ち込んでいる選手もいたという

 ◆野々村 直通(ののむら・なおみち)1951年12月14日、島根県生まれ。58歳。島根県立大東高で三塁手、広島大では大学選手権に出場。監督しては広島県立府中東高で79年春に甲子園出場。86年に開星高に赴任し、88年の野球部創部とともに監督に就任。93年夏以来、同校で春夏通算8度の甲子園出場。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000305-sph-base


政治家にしてもそうですが、
私たちから見たら常識ある大人がどうしてこんな発言をするのか不思議でなりません。
このごろ、特に50代以降の特に男性が多いような気がします。
相手を考えて話していないのか、何も考えてないのか・・・?
日本の中だけならまだしも世界でこんな発言をしたら、
日本人が笑い者になります。
大人にこそ、誠意ある対話が必要です。教育が必要ではないでしょうか?



甲子園魂~クールプラス(吸汗速乾タイプ)
スポンサーサイト

テーマ : スポーツニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 デイリーニュース365 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。